放射線科

放射線科の役割について

当院放射線科は、TMG放射線部の【すべては患者様のために】を基本理念とし、チーム医療の一員として、診断や治療に最適な画像の提供を行い、患者様の被ばく低減や安全な撮影に努めています。

一般撮影

当院では、デジタルX線システム(フラットパネルディテクター:FPD)を採用しております。FPDは放射線被曝を低減し、高画質で高精細なX線画像を迅速に提供する事が可能になっています。撮影される部位には胸、腹、四肢など、全身を撮影の対象としています。

一般撮影

回診用移動型X線撮影装置

一般撮影

当院では、一般撮影と同じくFPDを使用しています。その為、一般撮影と同様に被ばくを低減し、高画質な画像の提供を可能にしています。実際に使用する場合は、患者様が一般撮影室に移動が出来ない時に使用し、多くは胸や腹部を撮影しています。

X線透視装置

X線を出しながらリアルタイムに観察が出来る装置で、胃、大腸などの消化管造影検査、透視下整復、ミエログラフィー、ブロック注射などの整形領域、嚥下造影等のリハビリテーションの為の検査・治療を行う装置です。当院では、特に四肢の動態観察や胃管の位置調整、嚥下造影等に使用しています。嚥下造影とは、嚥下評価のためにバリウムを混ぜたものを食べていただき、その様子を動画で撮影する検査です。

X線透視装置
アクセス

横浜市緑区鴨居3丁目32番33号

新病院建設工事のあゆみ
牧野記念病院 牧野ケアセンター TMGの地域公開講座 TMGの診療検索 TMG FESTA 6/29 熱海所記念病院 ガンマナイフ