リハビリテーション科

各職種について

リハビリテーション科各職種について

リハビリテーションとは:怪我や病気などで心身機能の低下やその状態を持った方に対して「身体的」「生活的」「言語・(嚥下)的」それぞれが環境に適応するように患者様の機能を最大限に引き出して回復を目指す、加えて安全な方法を身に付けるものです。

当院では理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST) 3職種のスタッフが在籍しています。

リハビリテーションについて

病棟別リハビリテーション

回復期病棟脳血管疾患または骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さんに対して、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的として、集中的なリハビリテーションを展開します。病棟内の生活様式のステップアップをサポートします。ご入院時に自宅環境を拝見し、退院後の生活をイメージしながら必要な動作や身体機能の練習を進めることもあります。また、退院にあたって患者様とご自宅へ同行し、動作介助のご指導や環境調整のアドバイスをします。
療養病棟長期的な医療サポートが必要、または自宅生活が困難な慢性期の患者様に対して、主に関節拘縮の予防や離床を図る目的でリハビリテーションを実施します。心身を活発にして安楽に過ごせるように心がけています。

当院が提供できるリハビリテーション

脳血管疾患等リハビリテーション脳卒中などで起こる麻痺や感覚異常などは障害が残りやすく、生活に支障をきたすことも多いです。これらの回復を図りながら、生活動作の工夫など残存機能の活動も高め、自宅退院を目指します。麻痺の程度によっては装具の作成や補助具の導入などで補完するスタイルの提案、指導をします。
運動器リハビリテーションけがによる骨折など、身体の損傷による機能低下に対してその回復を図り、自宅復帰を目指します。元となった転倒などが予防できるよう力をつけながら、一方で動作での工夫を練習・指導します。
廃用症候群リハビリテーション様々な疾患の治療・手術後の安静状態が長期になったことで引き起こされたさまざまな心身機能の低下に対してその回復を図ります。活動性・発動性・持久力の回復までが目標となります。生活動作を再獲得して自宅復帰を目指します。

アピールポイント

設備・環境

設備・環境

意欲的にリハビリテーションに取り組んでいただけるよう、歩行しやすい開放的な環境、自主トレーニングも可能なエルゴメーターなどもあります。
患者様に即した多様な訓練を実現するべく、機器もサイズや型式を各種取り揃えました。

メッセージ

メッセージ

私たちリハビリテーション科は患者様が心身とも十分回復できるようにそれぞれの職種が専門性を発揮しつつ、患者様に対して幅広い関心を持って努めます。
患者様はもちろんのこと、多職種とのチームの中で信頼していただける知識、技術、コミュニケーションが実践できるセラピストでありたいと思っています。

ご家族様が患者様のリハビリを見学することが出来ます。病棟またはリハビリスタッフにお気軽に問合せください。
就職を希望される方、活気あるリハ室を体感しに来てください!
見学をお待ちしています!!

アクセス

横浜市緑区鴨居3丁目32番33号

新病院建設工事のあゆみ
牧野記念病院 牧野ケアセンター TMGの地域公開講座 TMGの診療検索 TMG FESTA 6/29 熱海所記念病院 ガンマナイフ