医療関係者の方へ

牧野リハビリテーション病院 受け入れ対象

回復期リハビリテーション病棟

神経内科医・整形外科医・脳外科医が、診療を担当しています。
入院から退院まで患者様の生活状況を伺いながら、リハビリテーション(PT・OT・ST)を提供しております。
退院前に家屋調査を実施しケアマネジャーと連携して環境・サービス調整のお手伝いをしております。

対象疾患 入院上限日数 備考
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、脳腫瘍、脊髄炎、多発性硬化症等 150日
高次脳機能障害
あれば180日
 
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折または手術 90日 左記に限らず、2肢以上の多発骨折は対象となります。脊柱管狭窄症は運動器ではなく廃用症候群としてのお受け入れとなります。
外科的手術または肺炎等の治療時安静に伴い生じた廃用症候群 90日 紹介状に廃用症候群の診断名・診断日を明記していただく必要があります。
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経・筋・靭帯損傷 60日  
股関節、膝関節の置換術 90日  

医療療養病棟

医療区分2以上の方を優先してお受けしております。

区分2以上で対応可能な状態 備考
IVH 経口摂取との併用不可、IVHポート不可。
気管切開 応相談
常時酸素  
糖尿病に対する注射及び血糖測定 インスリンを1日1回以上、
血糖測定を1日3回以上行っている方。
その他の疾患については、個別にお問い合わせください。

ご不明点については、直接お問い合わせください。
045-935-3388(直通)
相談窓口:牧野リハビリテーション病院 医療ソーシャルワーカー