各病棟のご紹介

2F病棟

回復期リハビリテーション病棟について

回復期リハビリテーション病棟

  • 病床数

    60床

    病棟機能と特色

    脳卒中などの脳血管疾患や大腿骨などの骨折、脳や脊椎を外傷などによって損傷された患者様が早期に日常生活動作の改善を目的としたリハビリテーションを重点的に行う病棟です。
    退院に向けた定期的なカンファレンスを患者様・ご家族を含めて行い、リハビリテーションの現状・目標設定などを共有し、多職種で回復を促進いたします。

    PRポイント

    患者様の自分らしさや意欲に寄り添いながら、清潔・食事・排泄などの日常生活援助をリハビリテーション時間と調整し行います。
    その援助の中でも入院生活そのものをリハビリテーションとしてとらえ、サポートしていきます。
    必要に応じて目標設定や自宅準備のために入院早期に自宅訪問や、自宅への移行を円滑にするために退院後訪問をいたします。

    看護・ケアのポイント

    体の機能回復のために自身で行うことを積極的に促しながらも、気持ちに寄り添い、待つ看護。気持ち・誇りの回復も促します。

  • 1日のスケジュール
    回復期リハビリテーション病棟1日のスケジュール

3F病棟

療養病棟について

療養病棟

  • 病床数

    60床

    病棟機能と特色

    急性期治療を脱した医療依存度の高い慢性期の患者様が療養を行う病棟です。医療依存度の高いとは、中心静脈栄養法を受けている方、気管切開を受けている方、難治性の褥瘡のある方、人工呼吸器を装着している方などです。

    PRポイント

    患者様の誇りを大切にして、多職種で療養を支えます。スキンケア(保清と保湿)、口腔ケアに重点を置き、安楽な療養環境とするためにすべてのベッドに体圧分散マットを設置しています。可能であれば食堂でお食事を召し上がったり、余暇を過ごしていただきます。在宅の準備が整った方へは退院に向けた支援や指導も行います。必要に応じて自宅への移行を円滑にするために退院後訪問をいたします。看取りの指針に基づいて、安楽な人生の終末期を過ごせるようにご家族と連携しサポートいたします。

    看護・ケアのポイント

    自身で自分のことを表現できない方が多いです。観察力が必要です。生活全面・治療全面に対してサポートをして療養を支えます。

  • 1日のスケジュール
    療養病棟1日のスケジュール

アクセス

横浜市緑区鴨居3丁目32番33号

新病院建設工事のあゆみ
牧野記念病院 牧野ケアセンター TMGの地域公開講座 TMGの診療検索 TMG FESTA 6/29 熱海所記念病院 ガンマナイフ