医療安全・院内感染指針

医療安全管理指針

基本理念

医療安全管理委員会

報告等にもとづく医療に係る安全確保も目的とした改善方策

医療安全管理のための指針・マニュアルの整備

医療安全管理のための研修

事故発生時の対応

その他

院内感染防止対策指針

院内感染防止対策指針の目的

用語の定義

  1. 院内感染とは
    ①医療機関において患者が原疾患とは別に新たに罹患した感染症
    ②医療従事者が医療機関内において感染した感染症
  2. スタンダードプリコーション(標準予防策)
    ・感染の有無に関わらず「すべての患者の汗を除く湿性生体物質には感染性を持っている可能性がある」という概念を前提にした対策の総称
  3. アウトブレイク
    ・通常発生しているレベル以上に感染症が増加すること

院内感染防止対策に関する基本的考え方

委員会・組織および体制

院内感染防止対策のためのマニュアル整備

院内感染防止対策に関する職員研修

感染症の発生状況の報告

院内感染発生時の対応

  1. 院内感染が発生した場合、発生部署の責任者が院内感染防止対策委員長に報告。
  2. 内容によっては、発生部署お呼び感染対策チームで速やかに発生原因を究明し改善策を立案して実施する。
  3. 医療に関する法律に規定される診断および届出は基準に沿って主治医が行なう。
  4. 院内感染に対する改善策の実施結果は、感染防止対策委員会においてまとめ、速やかに全医療従事者へ周知する。
  5. 院内感染発生時の調査および対応に関連して知り得た患者の個人情報については法を遵守しながら慎重に扱う

患者への情報提供と説明

  1. 本指針は患者またはその家族等が閲覧できるものとする。
  2. 疾病の説明とともに、感染防止の意義および基本手技(手洗い・マスク使用など)についても説明し、理解を得た上で協力を求める。
アクセス

横浜市緑区鴨居3丁目32番33号

新病院建設工事のあゆみ
牧野記念病院 牧野ケアセンター TMGの地域公開講座 TMGの診療検索