看護部長挨拶

看護部長 矢野由美

牧野リハビリテーション病院は、「回復期リハビリテーション病棟」、「障害者病棟」各60床、計120床の病院です。

回復期リハビリテーション病棟は、病気や障害を持つ患者様がリハビリテーションを通して元の場所で生活できるような支援を。また、障害者病棟では重度の障害をお持ちの方や神経難病の方を対象にADL(日常生活動作)の維持とQOL(生活の質)の向上を目指した支援を。私たち看護部は患者様の状況や入院の目的に合わせて、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養科等との連携を常に行いながら、患者さんひとりひとりのニーズに合わせたケアを日々協力して行っています。

看護部一同、誠意と誇りをもって患者さまへケアを提供いたします。